読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一日五分

一日五分は文章を書いて、これ以上物忘れがひどくなるのを防ごうという試み

感想)マリメッコ展

www.bunkamura.co.jp

 

明るくて楽しいマリメッコ・デザイン、一気に見せます! | カーサ ブルータス

 

12日、最終日駆け込みでマリメッコ展に行く。

というより、INNOVATION CLASSICS 見に誘ってもらってなかったら、そのうちそのうちで行きそびれるところであった。

記憶力の減退怖い。

 

記憶では「マリちゃんのお洋服」という意味だったと思ってたが、「マリーのドレス」と訳してあった。「マリメッコ」。過剰かわいいフィルタが記憶にかかっている。

柄の名前もかわいいし。「ウニッコ」↓とか。

 

 

大学生時代に(もう二十年前になる……!)ものすごいマリメッコブームが来ていて、

自室の和室をKAIVO柄で統一してすごく落ち着かない部屋になっていた時期があった。

 

通学のお供は

だったし、

いまだにニ、三泊までの旅行に行くときは

だし。

 

今まで誰のデザイン時代、と意識してなかったが、マイヤ・イソラ時代のテキスタイルデザインが大好きなようです。

 しかしお洋服についは、私のストライプ好きはヴォッコさんのせい。

(苗字が長くて覚えられないので、妙に親しげ)

 

明らかに美しいものものにあふれた会場内で目の保養!心の栄養!と楽しく回りつつ、

「市民菜園」柄の食器セット一式持ってるけど、何のせてもおいしく見えないんだよな……とか、大好きなのに全然お洋服は似合わないんだよね……とか思いのほか愚痴っぽくなって、マリメッコにまったく興味がない(しかしつきあいはよい)連れにそれを言うのがさらに楽しかった。

 いつも映画と美術館博物館は一人でいくので、話し相手がいると新鮮……!

 

あとマリメッコの才能あふれるデザイナーたちは、ポートレイトは丸メガネで撮らねばならない、的な血の掟でもあるのだろうか。そろいもそろってお似合いだったけれども。

 

これほしいな……(物欲)